東方妖々夢

2017年01月08日

いつでも極寒の冬を体感「かまくら館」(秋田県横手市)

新年あけましておめでとうございます。
本年もブログを見てくださる皆様にとってよい一年となりますように。
(スレの方はこの3月で10年目に突入とのこと。5年目を迎えたこのブログともども、今後もご愛顧頂ければ幸いです)

※スレのリンクはこちらから。
新年あけまして、スレ移行です。
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1049060729.html

というわけで今年最初の記事は、冬本番の今の季節にピッタリ(?)の施設「かまくら館」の話を。

「かまくら館」があるのは秋田県横手市。
(JR横手駅から歩いて10分ほど。横手といえばB級グルメの「横手焼きそば」が有名ですが、冬の風物詩「かまくら」も有名だそうです。写真は駅にあった看板)
xP1690109

ここはその横手名物の「かまくら」をテーマにした資料館。
冷凍室の中に常時大きなかまくらが作られていて、いつでも雪国気分を味わえます。
(冷凍室の入り口には昔懐かしい防寒具「どんぶぐ」「みのぼっち」が備え付けられています。幻想郷の子供たちが着ていそうな純和風な感じがたまりません)
xP1690192

冷凍室は二重扉をくぐった先。
その中は-10度でまさに極寒の世界で、大小様々なかまくらが作られています。
(冬以外は寒い所に引きこもるらしいレティさんも隠れていそう?)

この時は夏真っ盛りの7月に行ったのですが、しっかりした大きなかまくらに入ることができ、いい感じで涼めました。
(冷気のせいで足元は白く凍ってるので滑らないよう注意)
xP2400012

大きなかまくらの中にはゴザが敷かれ、2,3人が入れるようになっています。
中に入って遊ぶ子供用の秘密基地という感じで、餅を焼くための小型の七輪なんかもあるのがいい雰囲気です。
xP2400006

さらに、かまくらの奥には「水神様」を祀る祭壇が作られていて、お札やロウソク、賽銭箱まで並べられているのが横手流のようです。
xP2400008

一説にはこの地方は水が乏しいため、正月行事として水神様を祀るとのこと。
(昨年、「雪不足が原因で雪解け水が少なくなったためダムの貯水量が不足」といったニュースがありましたが、そう考えると雪を降らせる冬妖怪は水神様に近い存在なのかもしれません)

参考サイト:雪国の民俗・水神を祀るかまくら
http://www.pref.akita.jp/fpd/bunka/kamakura,sugawara/kamakura.htm

いつでもかまくら遊びができるので、東北旅行ついでに手軽に雪遊び気分を味わいたい方にオススメかと思います。


※ちなみに、昨年紹介(以下リンク)した、東京都心に雪だるまが集合する「神田小川町雪だるまフェア」は2017年1月21,22日の開催らしいです。
 都心でかまくらや雪遊びをするならこちらもオススメでしょう。

第16回 神田小川町雪だるまフェア(千代田区観光協会)
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1646/Default.aspx
(昨年の記事)東京都心に冬(雪だるま)が集合・「神田小川町雪だるまフェア」
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1053385795.html





at 12:23|PermalinkComments(0)

2016年03月05日

東京都心に冬(雪だるま)が集合・「神田小川町雪だるまフェア」

今年は暖冬で全国的に雪が少ない中、ひときわ雪が少ないと言われる東京都心に雪だるまが集合するイベントがあると聞いて行ってみました。

そのイベントは「神田小川町雪だるまフェア」。
群馬県嬬恋村から80トンの天然雪を秋葉原からも近い小川町に運び、それで作った雪像が大通り沿いに並んだり、雪遊びできる広場が作られたりと、ちょっとした雪国気分(札幌雪まつり気分?)が味わえます。

例えば、昨年末から話題のスターウォーズにちなんだ雪のダースベイダー像。
(形はそっくりなのに、漆黒ではなく純白のベイダー卿なのでどこか違和感も)
-P1130080

昨年ヒットしたドラマ「下町ロケット」にちなんだロケットの雪像。
(東方の漫画の方でロケットで月に行くって展開もありましたが…と無理やりつなげてみたり)
-P1130090


さらに、近くの神田明神(萌え絵馬でも有名(以下記事参照))にちなんでえびす様の雪像なども。
(株価低迷中ですし、ご利益を期待したいものです)

神田明神にあったチルノの絵馬(東京・秋葉原)
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1033125756.html

-P1130092

神田明神つながりで、昨年の神田祭のパレードで練り歩いていたナマズ様(以下記事参照)もいました。
(縄のかかった要石もちゃんと頭に乗っかってます)

「酒呑童子」「要石」なども登場・神田祭の「附け祭」行列(東京)
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1029959200.html

-P1130056

雪像はおさわり禁止なので、近くの路面に転がっていた雪の塊を手にとって冬の冷たさを感じてみたり。
(雪の感触が心地よかったですが、この日の気温は12度くらいで日差しが強く、早くも溶けかかっていました)
-P1130055

さらに、雪遊びができる会場となっている小川公園へ行くと、雪が積もった広場の中央にかまくらが。
(ワラなどで骨組みが組まれた本格的なつくりです)
-P1130075

雪で遊んだ後は、足湯で体を温めるのもよさそうです。
(今年は一段と雪が少ないせいか、どちらの会場もかなりの人で賑わってました)
-P1130067


こんな感じで都心で雪国気分を味わえますので、興味のある方は来年足を運ばれてみてはいかがでしょう。

※ちなみに、このお祭りは1月下旬、まだ雪のない頃に開催されました。
 祭りの直後、関東だけでなく九州や沖縄まで大寒波に襲われて雪が降ったのはなんとも皮肉です。
 (本当の冬の雪や嵐はこんなもんじゃないとレティが本気を出したのかもしれませんが…もう3月ですし春眠の時期ですよと)



at 19:08|PermalinkComments(0)

2015年04月04日

「リリー美容室(神奈川県・三崎港)」 vs 「レディ美容室(山口県・岩国)」

東方っぽい看板を色々探していたら、今の時期にちょうどいい美容室があったので、今回はその話を。

●リリー美容室(神奈川県・三崎港)
P1390159

まず、神奈川は三浦海岸の先端、城ヶ島にも近い三崎港にあった「リリー美容室」。
城ヶ島から帰る途中のバス車内から撮影したのでわかりづらいですが、営業していたようでした。

城ヶ島は珍しい形の岩場が広がる岩礁地帯があったりと、なかなかの眺めです。
(三崎港のマグロも美味でした)
P1390145

●レディ美容室(山口県・岩国)
NEC_0040

もう1軒は錦帯橋が有名な山口県・岩国にあった「レディ美容室」。
(濁点が惜しいところです)

朝早く錦帯橋を見に行った帰りに撮影したので、まだお店が開いてませんでした。
(錦帯橋は5連アーチが迫力の木造橋です。朝日が差し込むとまたいい絵になってくれます)
NEC_0020

もしこの2軒が隣り合わせだったら、かなり熾烈な争いになりそうです。
(桜が咲いたと思いきや来週はまた寒くなる日があるようで、まだ冬と春のせめぎ合いという感じですが)


at 09:41|PermalinkComments(0)

2015年03月01日

「剣士」の日本代表、宮本武蔵・佐々木小次郎・塚原卜伝ゆかりの地へ

東方で「剣士」といえば何度か記事にさせてもらってる妖夢さん(以下記事)ですが、
人里で有名な「剣士」といえば…?

関連記事:妖夢いきつけの美容室(ナイスみょんみょん)、チェーン店だった?(新潟)
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1010699918.html

真っ先に浮かんだのが、二刀流の「宮本武蔵」、そのライバルである「佐々木小次郎」、そして「塚原卜伝」。
(巌流島の対決とか、鍋のフタで攻撃をガードすること(謎)とかで有名です)

というわけで、彼らのゆかりの地に行ってみました。

●宮本武蔵・佐々木小次郎
門司港(福岡県)もしくは下関・唐戸(山口県)から巌流島への連絡船が出ています。
(船上からは本州と九州を結ぶ関門橋や対岸の唐戸市場などが見えます。
 武蔵も同じような風景を見ていたのでしょうか…)
P2920089

島に上陸。
武蔵が小船で上陸したことをイメージするような船型の記念碑があります。
P2920078

巌流島は今はほぼ無人島となっていますが、その丘の上に対決する2人の像がありました。
(すぐそばに関門海峡や対岸の門司港を望める、見晴らしのいい場所です)
P2920068

一般的に「イケメンの小次郎」「野生の武蔵」というイメージですが、この銅像もそんな感じで作られています。
HNI_0093

※なお、青年期の宮本武蔵像もあるらしく、そちらは見事な二刀流のポーズだそうです。

宮本武蔵像 (岡山)---国内旅行観光ガイド『名勝・史跡★百景』
http://www.livedo.net/tabi/16.html

●塚原朴伝
以前「要石」を取り上げた鹿島神宮駅の近く、鹿島神宮へ向かう途中の上り坂に銅像が建っています。
(刀を携えて引き締まった表情です)
P2660031

関連記事:地震を鎮める「要石」(茨城・鹿島神宮)
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1003169237.html

また、駅前にはこんな看板も。
P2660061

塚原朴伝のNHK大河ドラマ実現に向けて署名活動を実施中らしく、頑張ってほしいものです。
(駅にはちょうど鹿島臨海鉄道の列車が停車していました)

なお、鹿島といえばアントラーズ、というわけでサッカーも外せません。
(駅の白ポストにさりげなくサッカーボールが乗ってました)
P2660028



at 07:55|PermalinkComments(0)