長野

2014年12月20日

長野駅近くの「蛍広場」

先日の牟礼駅の続きになりますが、そのまま信越本線で終点の長野駅へ。

JR信越本線・牟礼駅の天狗像
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1014999358.html

駅の付近を散策すると「蛍広場」なるものがありました。
(駅から歩いて10分くらい、長野電鉄・市役所前駅の近くです。なお、夏に行った時のものなので平和そうですが、今は大雪でどうなってることやら…)
P1250016

爽やかな水音を立てて流れる小川(南八幡川)沿いに緑が整えられ、いかにもホタルが出そうな空間が広がっています。
(川べりのアジサイが華を添えています)
P1250020

川沿いの道は「ホタルの小径」と名づけられているようで、「行け蛍 手のなる方へ なる方へ」の一句も。
(「♪鬼さんこちら」の歌じゃないんだから…と思いきや、かの有名な俳人・小林一茶の句だそうです)
P1250019

善光寺に行くついでにでも立ち寄ってみてはいかがでしょう。
(春は境内で桜など花巡りも楽しめます。この雪が厳しい冬を乗り越えれば…)
NEC_0057



at 10:42|PermalinkComments(0)

2014年12月06日

JR信越本線・牟礼駅(長野)の天狗像

先日の南高田駅の記事(以下)の続きになります。

妖夢いきつけの美容室、チェーン店だった?(新潟)
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1010699918.html

引き続きJR信越本線で長野へ向かうとホームに大きな天狗像が。
P1240154

牟礼(むれ)駅のホームに立つ、長い鼻に大きな団扇を持つ、いかにもという感じの天狗です。
(駅の近くの飯綱山で「飯綱三郎天狗」という天狗が活躍した伝説があるそうで、それにちなんだものとのこと)

この区間(信越本線の長野~直江津間)は、来年春に北陸新幹線が開業することによりJRから第3セクターとなるのですが、その後もこの天狗像を残してほしいものです。
(JRの路線としてここを通れるのは、あと3ヶ月ほどとなります)
P1240146

近くの黒姫駅にあった幟。
ローカル線でよく見かける「(路線が廃止されないよう)みんなで乗ろう」のメッセージが切実に感じられます…。
(「ぶらり『廃駅』下車の旅」にならなくてよかったです)
P1240148



at 11:03|PermalinkComments(0)

2014年07月19日

諏訪大社(長野)の東方キャラの絵馬

以前記事にした、諏訪湖のほとりにある長野県の諏訪大社。

もう少し、諏訪大社周辺
http://touhou-stock.blog.jp/archives/1002324168.html

オンバシラのある東方ゆかりの神社ということで、絵馬にも東方キャラが描かれたものがありました。
(2年前の物で、お焚き上げも済んだと思いますし、時効だからいいかなと…)
NEC_0051

今行けば、絵馬のキャラの流行も変わっているのだろうなと思うと、また見に行きたくもなります。
(この日はあいにく曇っていた諏訪子…でなく、諏訪湖です)
NEC_0072

諏訪湖の最寄り駅、上諏訪駅といえば駅のホームに足湯があることで有名です。
(ホームに入ってくる電車から下りてきたお客さんと目が合うことも…)
NEC_0099




at 18:21|PermalinkComments(0)

2013年10月19日

もう少し、長野電鉄

長野駅から湯田中駅へ向かう途中、特急列車との待ち合わせがありました。
これは昔の小田急ロマンスカー?
b6aa1489.jpg

新スペカ用に他の車両もストックしているようです。さすが紫さま。
(列車は「ゆけむり号」という名前らしいです。やはり東方に温泉は欠かせません)

途中の信州中野駅で乗り継ぎ列車待ち。
昔懐かしいケロちゃん人形が駅長っぽい格好で座っていたりと、昭和の頃を思い出します。
4b3ac43c.jpg


信州中野駅を過ぎると山あいに入り、勾配やカーブがきつくなります。
それに伴い車両の揺れやきしむ音も大きくなりますが、地元の足として頑張るベテランっぽい車両の姿には拍手を送りたいです。
4b72090f.jpg


長野駅から1時間30分ほどで、電車は終点の湯田中駅に到着します。
(ここも「廃駅」とまではいかなくても、かなり年代物という感じの建物です)
d57f4544.jpg


駅を出ると、古びた旅館が並ぶ風情ある温泉街があり、志賀高原の素晴らしい風景と合わさっていい雰囲気です。
9073ee4e.jpg


また、湯田中駅のすぐ裏手には日帰り温泉や足湯もあります。
f3e53974.jpg


長野へお越しの際は、善光寺へ行くついでにでも、乗ってみてはいかがでしょう。



at 11:29|PermalinkComments(0)